ご遺体の搬送や安置ついてと遺影写真

ご遺体の搬送や安置ついてと遺影写真

基本的には、家族が亡くなる場所の多くは病院だと思います。

病院で亡なった場合は、出来るだけ早く病院から搬送しなければいけません。

その場合、どこに搬送するかを残された遺族で決めなければいけません。

搬送先によっては葬儀社の手配の仕方が変わってきますので、搬送先や搬送方法を決めておかなければいけません。

病院でなくなった場合は、すぐに搬送してベッドを開けないといけません。

そうなると、すぐに残された家族で決めなければいけません。

自宅で安置する場所がないような場合は、葬儀を依頼する予定の葬儀社に搬送してもらうことになります。

病院でなくなった場合は、病院と提携している葬儀社の方から提案がされる場合がありますので、既に依頼したい葬儀社がある場合は、そちらに連絡を取りすぐに搬送をしてもらいましょう。

この時点では、まずは、搬送先を決めるのが先ですので、葬儀を依頼するところを決めなければいけません。

それから搬送先や、その後の遺影写真などの準備に取り掛かりますので、何よりも葬儀社を決めることが先決です。

家族の死亡が確認されたあとに、悲しむ暇がありません。

すぐに、故人の搬送をしなければいけません。

搬送先を決めて、葬儀社を決めなければ意いけないことになります。