ご遺体の自宅での安置ついてと遺影写真

ご遺体の自宅での安置ついてと遺影写真

ご遺体を自宅に安置することに決まったら、すぐに葬儀社に連絡をして搬送をしてもらわないといけません。

自宅に遺体を搬送する場合は、自宅での安置の準備をしなければいけません。

遺体の搬送先を決めてから、安置までの手順を簡単に説明します。

遺体の搬送先を決める

葬儀社を決めてから遺体を搬送してもらいます。

自宅の場合ですと、布団や枕を準備して、遺体の受け入れ準備をします。

準備ができましたら、遺体を搬送します。

故人の宗教に合わせた安置を行います。

これが搬送先を決めて、安置をするまでの流れです。

基本的に、遺族は葬儀社がいう通りに動くだけでいいので、あとは葬儀社に任せておけば言いわけです。

そこで、遺族が自宅に用意しなければいけないものがあります。

最初に用意しなければいけないのは、布団と枕となります。

ご遺体を寝かせるための布団と枕になります。

遺体は、北か西枕で安置するのが常識となります。

遺体の寝かせ方ですが、顔に白い布をかけます。

手は胸の前で手を組ませてから数珠をかけます。

その時には、掛け布団の上には魔除けにするために、カミソリやナイフを置いて、枕元には枕飾りを設置します。

白木の机を用意して、線香が挙げられるようにします。

遺影写真はこの時点で用意できていれば最適です。