なくなった死因がはっきりしない場合、その時の遺影写真の準備は

なくなった死因がはっきりしない場合、その時の遺影写真の準備は

愛する家族が亡くなった時でも、色々な状況で対応が変わってきます。

死亡原因は、ほとんどが事故死や病院で病気により死亡することがほとんどですが、それ以外のまだ死因が、特定出来ていない場合もあります。

死因が特定できないような場合は、死因を特定するために司法解剖や行政解剖を行うこともあります。

あとは、感染症でなくなった場合は、その病気の素を見つけなければいけません。

ペスト・ジフテリア・コレラ・細菌性赤痢・腸チフスなど病原菌などでなくなった場合は、連れて帰ることはできません。

この場合は、遺影写真だけでも作って飾るようにしてください。

あと、死亡した時に、臓器提供を行うことが決まっている場合は、登録期間に連絡をしてもらいます。

アイバンクの場合は死亡6時間以内に眼球を摘出しなければいけませんので、すぐに連絡をするようにしてください。

故人本人が、検体を希望されている場合は、医学の研究や教育に役立ててもらうように提供を希望している故人のためにも、そのまま病院に預けてから3年程度経ってから遺体は返却されます。

このように、通常の死亡とは違い、死亡した時に故人の意思で提供するような場合は普通とは違います。

このように、色々な死亡原因や、故人の医師による遺体がすぐには帰らないケースもあります。