やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは1

やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは1

葬儀参列をする前に、訃報を受けてぜったいにやってはいけないことがあります。

訃報の報告を受けてから、夜遅く遺族の家に弔問するのは、常識はずれで失礼に当たりますのでぜったいにしないようにしてください。

訃報を受けて、電話をするのはぜったいにタブーです。

親族は一番大切な人の.を失っていて、心の整理もついていない状況です。

そんな状態の時に、電話をしてお悔やみをいうようなことはぜったいにやってはいけません。

何は話がしたい場合は、通夜の時に直接遺影や遺族と対話するようにしてください。

葬儀前の喪家に訪問するのは、やってはいけません。

家族は想像以上に悲しみに暮れていて、疲れていますので、長居すると逆にご迷惑になりますので、ぜったいにやってはいけません。

ただ、近所の親しい人であれば、何かお手伝いをすることがあるかもしれませんので行ってみて何かあればお手伝いをして、何もなければ、一旦帰って通夜に出直すことをおすすめします。

あと、自分が個人と対面したいからと言って遺影だけでは満足できずに故人との対面をお願いするのは失礼にあたり、遺族から、故人との対面を要望された時だけ個人と対面するようにしてください。

ここまで、訃報を聞いて通夜の前までのNGとなります。