やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは2

やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは2

個人を葬る時に失礼の無いようにしなければいけません。

ここまで故人を思っていてもいろいろなマナーが艶や葬儀の時にはあります。

香典返しの時のマナーや焼香の時のマナーや、遺族に挨拶をするときのマナーなど様々な場合があります。

参列時のNGマナーとしては、開始時刻に遅れないように行くことは非常に重要で、ぜったいに遅刻をしないようにしてください。

万が一遅刻をした時には、読経中の着席はしないようにしてください。

事情があってどうしても予定時刻に行けない場合は、事情を説明して、焼香をさせてもらいましょう。

遺影にしっかりと、ご冥福の気持ちを込めてお祈りをしてください。

既に受付がいなくなっている可能性もありますので、その場合は、遺族に直接手渡すようにしてください。

それか、霊前に向けてお供えをするようにしてください。

遅刻はあってはならないことですが、急な通夜の連絡などでどうしても時刻ぎりぎりになってしまう場合がありますので、その時に間に合わないという可能性もでてきます。

そのときは、できれば無理をしないで通夜への参列はしないで葬儀に参列するようにしたほうがいいと思います。

万が一、時刻に間に合うようにと、急いで移動していて事故にでもなったら大変で、個人もそこまでして無理をしてもらいたいとは思っていないと思います。