やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは3

やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは3

通夜や葬儀の時に香典を包んで持参するのですが、その時に包む紙幣は気をつけなければいけません。

結婚式などの祝い事には、新札を包むのが上司金になっていますが、香典の場合は、ぜったいに診察は包んではいけません。

昔からの考え方として、新札を用意するということは、いぜんから故人の死を予期していたように思われます。

予期していたからしんさつを準備していたという考えを持たれる可能性がありますので、香典を包む時には新札を使ってはいけません。

どうしても、新札しかない場合は、折り目をつけて香典袋に入れるようにしてください。

通夜や葬儀の時に、そこまで遺族と親しいわけではない時に遺族を呼び止めて長話をするのはよくありません。

参列したこと自体で、弔意を示したことになりますので、それだけで十分です。

例えあなたが遺族と親しい間柄だったとしても、長話をするのは辞めて、手短にお悔やみを言うようにしてください。

参列屋にはたくさんの人がくるのと、なくなってまだ遺族の気持ちが悲しみの中にいますので、いくら親しかったといっても、そんな精神状態の時に色々と話をすると遺族を疲れさせるだけで、故人は喜んでくれないと思います。

故人のことを考えると、遺影にしっかりと話しかけて、遺族には手短な言葉で済ませましょう。