やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは4

やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは4

葬儀場で、一番やってしまいそうな、やってはいけない事があります。

誰もが経験をしたことがあるかもしれません。

それは、葬儀の時に久しぶりに学生時代の友人や知り合いに会うことがあると思います。

そんな場合は、絶対に葬儀場ないで世間話をしてはいけません。

たまに、葬儀場ないで、何年ぶりかに家族に再開した友人同士で、「今何しよう」などと話しているところを見かけますが、これはマナー違反になります。

あくまでも遺族に対してのマナーとして、葬儀場を出てから話をするようにしてください。

久しぶりの再開は、故人が取り持ってくれたようなものですが、あくまでも葬儀を最優先して遺族への配慮を忘れないようにしてください。

そうしないと故人も喜びません。

これもよくあることですが、小さな子供を連れていかないということです。

たまに、小さな子供を連れて参列している人がいます。

小さな子供さんでも、読経の時などで、静かにしていてくれる子供であれば問題はありませんが、式の途中で泣き出したり、騒ぎ出したりするような場合は、故人に対しても失礼ですし、遺族に対してはもっと失礼です、

葬儀にみんなが集中できて、遺影に話しかけながらしっかりと焼香できるように静かにしているのがマナーです。