やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは5

やってはいけない通夜の時に遺影に失礼なNGとは5

通夜や葬儀の時には、読経がありますが、読経中に眠くなる時もあります。

読経中は眠くなっても絶対に寝ないでください。

読経中に寝てしまうということは、故人や遺族にも失礼になりますので、遺影を見てなんとか眠いのを我慢するようにしてください。

通夜の時には、通夜ぶるまいというものがあります。

通夜ぶるまいえの参加を促された場合は、遠慮しないではしをつけるだけでも構いませんので、参加されるようにしてください。

ただ、長居をしてしまいますと、遺族へのふたんが多くなり疲労や心労が重なっていますので、早めに切り上げて遺族の負担を重ねないようにしてください。

お悔やみを言う時も、キリスト教の場合はほかと違い、お悔やみではなく、故人の安らかな眠りを祈るものです。

言葉にも注意が必要です。

お悔やみを申し上げますやご愁傷様ですという言葉はタブーとなります。

できれば、安らかなお眠りをお祈り申し上げますといい言葉を遺族にはかけることが常識となっています。

このように、艶などの参列時にはいろいろな決まりごとがあり、やってはいけないことをしっかりと認識してから参列するようにしてください。

あとは、宗教によってはいろいろと、やり方が変わりますので事前に調べてから参列するようにしてください。