弔問に伺ってお悔やみを言う場合には遺影よりも玄関先でご挨拶

弔問に伺ってお悔やみを言う場合には遺影よりも玄関先でご挨拶

弔問に伺う時には、服装などは急な知らせで準備をする今もない倍があります。

服装を気にすることよりも、すぐに駆けつけることのほうがどれだけ重要かということになります。

なるべく、派手な格好をしないほうがいいと思います。

しごとなどの都合でどうしてもすぐには弔問に行けない場合は、代理の人に弔問に行ってもらうか、弔電を打っておきましょう。

弔電はあくまでも力式で行うだけなので、改めて弔問に行くことになりますので、手紙を書いてから追悼の意を表すようにしてください。

連絡を受けて、仕事の都合や体調が悪くて、弔問を代理の人にお願いする場合は、後日改めて弔問に本人が伺うことになります。

代理人が行く場合、配偶者や子供など誰でも構いません。

代理人も立てられず、本人も後からいけないような場合は、電話でお悔やみを入れるしかありませんが、どうしても電話をする場合は、喪家は取り込み中である場合が多いので、電話口に呼び出すのではなく、出られた方にお悔やみを言って短時間できるようにしてください。

お悔やみを言う言葉にも注意が必要になります。

重ね重ねやたびたびなど、同じ言葉を繰り返すことはよくありません。

重ね言葉は、不幸が繰返されるとか、不幸が重なるといいます。