死亡時の手続きと遺影写真

死亡時の手続きと遺影写真

愛する家族の死亡が確認された場合は、死亡の手続きをしなければいけません。
ごお臨終を機に、しなければいけない手続きは3つあります。

書類を日間ければいけないので、間違いが無いようにしてください。

病院などで死亡した場合は、死亡診断書を病院側からもらいます。

もらった死亡診断書には、名前・性別。死亡原因・脂肪場所など間違いがないようにかかなければいけません。

死亡診断書は、死亡届けと一緒になっています。

死亡届は、死亡を知った日から7日以内に提出しなければいけません。

故人が死亡した場合には、本籍地か死亡した場所を地区町村に提出しなければいけません。

死亡届が出されなければ、火葬許可書が発行されません。

死亡届を提出して始めて火葬許可書が発行されますので、死亡後すぐに届けて葬儀ができるようにしなければいけません。

死亡時は、より迅速な行動が必要になります。

役所でも、夜間や休日でも受け付けていますので、死亡確認後すぐに届け出るようにしてください。

死亡届が受理されたら、火葬許可書が交付されますので、受け取って始めて火葬場での仮想ができるようになります。

遺影写真は、手続きが住んでからゆっくりと選ぶようにしてください。