訃報を聞いてまずしなければいけないこと、葬儀場での遺影へのお悔やみ

訃報を聞いてまずしなければいけないこと、葬儀場での遺影へのお悔やみ

訃報を聞いてまずどうしなければいけないか、故人との関係で変わってきます。

故人といままでどのような付き合いをしてきたかで全く変わってきます。

故人や遺族と親しい間柄の場合は、なるべく早く駆けつけるようにしてください。

なにか行って手伝うことがあるかもしれませんので、できる限り早めに行くようにしてください。

遠方に住んでいる親しい間柄の人の場合は、すぐには駆けつけることができませんので、まずは、電話や電報を打ってその趣旨を遺族に伝えましょう。

その時に長話はしないで、要件だけを話して終わるようにしてください。

駆けつけてからは、お悔やみの言葉を伝えて、故人との再会を果たすことになりますが、遺影写真や故人本人の顔を見ながら話しかけてください。

遺族の方も喜ばれると思います。

故人との多面が終わりますと、なにかお手伝いをすることがないかを遺族の肩に確認して、出来ることがあればすぐにお手伝いをするようにしてください。

故人とあまり親しくない場合で、職場関係者の場合は、通夜や葬儀に弔問するようにしてください。

故人とはそこまで親しい間柄ではなくても、住まいが近所の場合はすぐに駆けつけてお悔やみをいうのがいいと思います。
ただ、長居はしないようにしてすぐに買えるようにしてください。