通夜や葬儀の受付は誰がして、遺影におわかれはできないの

通夜や葬儀の受付は誰がして、遺影におわかれはできないの

通常、通夜や葬儀の時に参列者の受付をしなければいけません。

受付は一体誰がするのでしょうか。

遺族や故人に親しい友人が受付をするのが一般的です。

しかし、遺族のうち誰がするのでしょうか。

葬儀の時に必要な役割としては、喪主・受付かかり・接待係・司会進行と色々とやらなければいけないことがあります。

最近では、司会進行は葬儀社のほうで、進行役の人を立ててくれますので、必要ありません。

あとは、接待係の場合も、遺族の中から出さなくても葬儀社の係がやってくれるケースが増えてきています。

この受付係は遺族や親しい知人に行ってもらうことが多いと思います。

故人の考えを大事にして、喪主以外で親しかった、可愛がっていた孫などを立てる場合も多いです。

受付係には近所の人や会社関係の人に、お願いすることがあります。

受付係の仕事は会葬者に記帳してもらったり、香典を受け取って一次保管しておく必要があります。

ある程度信用が出来る人にお願いします。

葬儀が始まる前には、お金を会計掛かりか、葬儀社の金庫に保管をしてもらいます。

遺族の場合は、どうしても遺影写真にお別れをゆっくりと言いたいと思いますので、式が始まる前には必ず列席はできます。