遺影にはじないような、通夜の時の服装はどうしたらいいの

遺影にはじないような、通夜の時の服装はどうしたらいいの

急な通夜や葬儀の話が舞い込んできた時に、どうしても喪服が近くになく通夜までには間に合いそうにない場合があります。

そんな時に、喪服を機内で通夜に参加してもいいのでしょうか。

訃報は予期せぬ時に連絡がありますので、通夜の時には喪服で行く必要はありません。

できる限り地味な黒をベースにした服装で参列するようにすればいいと思います。

ただ、最近は葬儀にいけない人もいて通夜だけに言って葬儀に行かないという人もいます。

このような人の場合は、艶でも正式な喪服で参列する人が増えてきています。

通夜の時の服装として、大人と子供では若干違います。

大人の場合は、遺族であれば必ず喪服を着てから参列します。

男性の場合は、黒がベストですが、紺やグレーのスーツを来ても問題はありません。

スーツだけではなく、ネクタイ・靴下・靴は黒で統一してください。

女性の場合は、黒いワンピースが基本で、ストッキングと靴も黒で統一してください。

その時に持っていくバッグも黒にしてください。

できれば、遺族より格上のスーツにならないようにしてください。

学生の場合は、制服で行くようにしてください。

ただし小学生以下の制服がない場合は、黒・紺・白のいずれかで派手な色にならないようにしてください。

このように色を黒に統一して、遺影にはお悔やみを言えるようにしてください。