お盆とはどんなことをするの、そのとき遺影写真は必要なの1

お盆とはどんなことをするの、そのとき遺影写真は必要なの1

お盆という時期は、祖先の例を供養する行事で、っこの時期に、子供たちあ家族のもとに帰ってくると言われています。

お盆の入りには、迎え火をたいて、祖先たちの霊を迎え入れます。

お盆の終わりには送り火を焚いて祖先の霊をお見送りします。

年に1度だけお盆の時に帰ってくるときに行う行事となっています。

企業等でも、お盆休みとして8月15日前後を休業日として休みを鳥企業が多くあります。

昔からの日本の行事であるお盆には墓参りに行ったり、納骨堂へお参りに行ったりします。

旧暦の7月15日と現在の8月15日の2つの歴がありまして。地域ごとにどちらをお盆とするかは変わってきます。

お盆の期間は、13~16日というのが正式なお盆の期間となっています。

13日の盆入りには、迎え盆として試写を家に迎えることになります。

精霊棚を飾って迎える準備をしておきます。

それと同時に、お墓参りや納骨堂に行き、灯篭を灯して、家に迎え入れるようにします。

これにより、先祖が家に来ることができます。

14日と15日は、お盆の法用途供養の儀式となり、自宅でそれぞれのお盆を過ごすことになります。

精霊棚を飾り付けることになりますが、浄土真宗では、精霊棚は飾りつけをしないようになっています。

精霊棚と一緒に精霊馬を備えるようになっています。

その時に遺影写真も一緒に飾っておき商工ができるようにしておきます。