キリスト教の葬儀。告別式と遺影写真の扱い

キリスト教の葬儀。告別式と遺影写真の扱い

キリスト教式の葬儀にはカトリックの場合と、プロテスタントの場合で若干違いが出てきます。

まずはカトリックの葬儀について、詳しくお話します。

カトリックの場合は、葬儀の代わりにミサと告別式になります。

協会に柩が到着しまして、迎えた神父が柩に聖水をかけて祈りを捧げます。

柩は裁断の前に安置されますので、この点は、ブツ式とそう大差はありえません。

柩は祭壇の前に安置されて、神父様が入場されてから、柩と祭壇に向けて效果があり、かくれた信用を得ることになります。

キリスト教は死は永遠の命の始まりで、不幸な事ではないと言われています。

遺族に対して、お悔やみをいうものではありません。

カトリックの場合は、聖職者を神父と言いますが、プロテスタントの場合は、牧師といます。

礼拝を行うときには、歌う歌が違います。

カトリックの場合は、聖歌を歌いますが、プロテスタントの場合は、賛美歌を歌います。

参列するときに、香典の表書きが御ミサ料というのはカトリックでしか使えません。

同じキリスト教でも、日本の仏教のような宗派の違いがあります。

キリスト教の場合は、遺影写真は基本的使いませんが、日本では、写真を飾ることにしています。

同じキリスト教でも、日本では、遺影写真は飾るようです。