初七日、忌明法要についてと、遺影の扱い

初七日、忌明法要についてと、遺影の扱い

葬儀が終わったあとに遺骨や遺影写真などを安置するための後飾りというものを設置します。

仏教では四九日まだは、故人があの世とこの世をさまよっていると言われています。

49日を境に、故人が極楽浄土に行けるように後飾りの前に座って供養します。

通常は7日毎の供養をするのが正式な供養ですが、時間が取れないので、初七日と49日の法要を行って故人を供養するようになっています。

一般的に、49日までが忌中と言って、神社やお祝いごとへの出席はしないようになっています。

白木のお位牌は仮の位牌で、忌明法要まではこれを飾りますが、忌明法要までには本位牌を造らなければいけません。

新しく作ったお位牌に僧侶などから魂入れを行ってもらいます。

お寺にて本位牌を持っていき、魂入れをお願いして自宅の仏壇に安置します。

ただ、浄土真宗の場合は、位牌は用いません。

本位牌を使用するのは、浄土真宗以外の宗教の時となります。

過去帳や法名軸などが位牌の代わりとして扱われるのが、浄土真宗です。

位牌には2種類あるということがわかったと重います。

葬儀の時には、白木位牌を仮位牌として使います。

本位牌はその後、49日までに作られて魂入れを行うようになっています。