初七日法要とその時の遺影写真は

初七日法要とその時の遺影写真は

初七日というのはどういうものでしょうか。

初七日は、通夜と葬儀が終わってから7日目におこなう法要が初七日となります。

最近では、諸七日を葬儀が終わったあとに当日同時に初七日の法要を行うことが一般的になります。

既に遺族や知人、友人などが集まっていますので、1週間後に再度集まってもらうのも地変なので、葬儀当日に諸七日を行います。

初七日は葬儀の後火葬場から戻ってきた時に行う法要となります。

遺骨を後飾りに安置して、一緒に遺影写真を飾り付けてから、僧侶によるどっきょうが行われます。

その後、残っている遺族や知人たちが焼香を行っていきます。

法要が終えると、その後に、喪主が参列者に精進落としの案内をいたします。

普通は、家で後飾りを作って初七日を行っていましたが、最近では葬儀場に、後飾りが用意されていて、そこで初七日を行うことがふえてきています。

そもそも追善法要はなくなった日を1日目として数えるのが一般的です。

初七日の喪主の挨拶は、最初に精進落としの開始の挨拶を行います。

参列者へのお礼とともに精進落としを行うことになります。

最後に喪主の方から精進落としの締めに挨拶を行って初七日は終了となります。

挨拶の始まりは、「本日は多忙中にもかかわらず最後までお見送りいただきありがとうございます」から始まります。