初盆の準備と初盆法要に遺影について

初盆の準備と初盆法要に遺影について

初盆といえば、故人を迎える最初のお盆となります。

初盆のときは、僧侶を招いて法要を行うのが一般的となっています。

次の年からのお盆は、遺族だけでお盆を行うのが一般的となっています。

お盆の時期は僧侶も複数の初盆の読経を行うことが多くなりますので、事前に予約を入れてから来てもらう日時を決めておく必要があります。

初盆のときは、親族だけではなく、知人や友人まで連絡を鳥、来てもらうようにしますので、案内状も欠かせなくなります。

案内状を出すときには、葬儀の時の名簿を参考に案内状を出す必要があります。

盆会・盂蘭盆・盂蘭盆会とお盆の期間に行う行事となっています。

初盆の時には、法要の予約を僧侶に入れます。

法要のあとには、会食を行いますので、会食の時の出欠を僧侶からもらっておく必要があります。

盛大な法要を行いたいと思う場合は、葬儀社にお願いして十分な法要を行う人もいます。

初盆の時には、引き出物・盆返し・会食の手配などをしっかりと行ってください。

初盆を内輪だけで行う場合は、電話連絡で済ませる場合もあります。

遺影写真は初盆の時には欠かせません。

初盆や3回忌など、さいしょの2年間はなるべく盛大に行いたいものです。

それ以降は、身内だけで簡略化した法要を行う傾向があります。