初盆はどのようにするのか、その時遺影写真は飾るの

初盆はどのようにするのか、その時遺影写真は飾るの

故人の通夜と告別式が終わり、初七日と49日まで済ませてしまいますので、次の一番の法要といえば初盆の法要があります。

初盆というのは、いつ行われるのでしょうか。

お盆の時期として、8月13日~15日に行われるのが一般的ですが、地域によっては7月に行われるところもあります。

お盆じたいが、亡くなられた例が帰ってくる時期とも言われていまして、毎年、お盆に墓参りに行ったりします。

初盆の場合は特に重要で、一般的には、自宅で、知人や遺族たちが参拝に来るのを家族が自宅で待つのが一般的です。

遺影写真をきれいに飾って参拝者を待つようにします。

参拝者がこられましたら、家族は参拝者をお出迎えして、故人に対して焼香をしてもらったあとに、故人を思い起こすようなお話をしていきます。

参拝者は香典を持って、参拝をすることになります。

服装としては、喪服でなくても構いません。

地味な黒やグレー、濃紺の服でまとめてきていけば、失礼には当たりません。

参拝したら、ほかの安牌者もくる可能性が高いので、焼香を済ませて、少し話をしましたら、すぐに帰るようにしてください。

長居をすると家族に迷惑になりますので、できるだけ速やかに帰るようにしてください。