告別式の前の朝食と指揮前の遺影への焼香

告別式の前の朝食と指揮前の遺影への焼香

親族の場合は、告別式がある当日は、昼前後に告別式が行われますので、親族一同葬儀場に朝から集まります。

既に遠方から来ている親族は、葬儀場の控え室で故人と一緒に寝泊りをしていて、既に朝食をほかの親族たちと一緒に食べるために待っています。

喪主も一緒に葬儀場の方で寝ていますが、その家族などは、宿泊人数の制限などのため、通夜の夜は一旦自宅に帰りそちらで寝てから、翌朝葬儀場の方へ出てきます。

朝食をほかの親族と一緒に取るために早めに行くことになります。

朝葬儀場に行く時は、普通の普段着で行っても問題はありません。

その後、初職をみんなと一緒に食べてから、すでに祭壇のところにいる故人と最後の朝の挨拶をすることになります。

遺影写真を見ながらまずは線香をつけて挨拶をします。

それから葬儀社の方と打ち合わせが始まります。

葬儀の時の受付の確認や、葬儀後の火葬場に行く時の自動車の手配など火葬場へ行く時の打ち合わせが行われます。

それと同時に、初七日を火葬後に行う場合は、その時に必要な会席料理の個数の最終調整も行われます。

喪主やその家族は朝からいそがしくて、十分な朝食を取る時間もない場合があります。

打ち合わせがおわると、喪服に着替えて、参列者を迎える準備に入ります。