告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び10

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び10

通夜はそもそも遺族とのお別れを言う場であったのですが、最近は一般参列者を呼んで1時間程度の通夜を行うところが殆どになっています。

通夜の読経の後に通夜の振る舞いを一般客や親族に向けて行う、半通夜の形式がふえてきています。

昔に比べて、より行うことが増えてきていて、お金もかかるようになってきています。

葬儀社に通夜の日に故人を搬送した時には、祭壇飾り・受付・通夜の振る舞いなどはすでに用意されていて、あとは受付を誰に行ってもらうかなど人の選定のみとなっています。

受付も誰にしたらいいのかわからない場合は、葬儀社の方で依頼する人をある程度決めていただき、了解を得ることもできます。

できるだけ喪主や故人の家族の、負担を減らすように行ってくれます。

親族用に、葬儀社の方で控え室を用意されていますので、着替えやお茶などは控え室でできるようになっています。

棺桶に修める作業も、葬儀社に搬送後できるだけ最後までご遺体を控え室に安置してから納棺後通夜の裁断に安置する場合もあります。

葬儀社によってその納棺と安置に関しては、若干変わってきます。

ご遺体のお清めと死化粧に関しては、葬儀社に安置下後に行う場合や、葬儀社に搬送する前に行う場合など、お清めと化粧に関しても葬儀社や葬儀をする場所でも変わってきます。