告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び9

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び9

通夜を迎えることになりますが、通夜の前に僧侶に来ていただき、枕経を行ってもらわなければいけません。

僧侶がこられましたら、まずはお茶をお出ししてから遺体の前に案内をします。

枕経を行ってもらいますが、枕経というものは納棺の前に仏式作法の1つで試写の枕元で行い読経となります。

読経の時は、遺族も一緒に控えて読経を聞きます。

読経が終わると、僧侶が立会の元でご遺体を棺に親族で収めます。

その時に注意しなければいけないのが、火葬の時に燃えないような金属類はすべて外して棺に入れないようにしてください。

この時に故人が愛用していていたものを、一緒に棺に入れておきます。

これで、自宅で行う儀式はすべて完了となります。

あとは、通夜を葬儀場で行う場合は、搬送車に棺桶を乗せて、搬送します。

ここから先は、葬儀社の方で担当者と一緒に通夜と葬儀の時の詳細を決めていきます。

この時には遺影も完成して用意できているはずです。

葬儀社に搬送後、棺桶を所定の場所に安置します。

これで通夜の準備は完了となります。

故人を葬儀社の方に搬送するときには、近所の人達が見送りに来る場合がありますので故人に変わって喪主が、生前のお付き合いへの謝辞を述べてから搬送することになります。