告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び7

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び7

故人の搬送や手続きの書類等が揃い、徐々に葬儀の話しをして進んでいきます。

この段階で、檀家の寺への連絡をすることになります。

すでにこの段階では、手続き、連絡葬儀の打ち合わせといろいろな準備に入りました。

ここまで来ると今度は葬儀のことで、色々と細かな話し合いを葬儀社の担当の人とするようになります。

ここまで来ると、だれか親族からの手助けけができるようになってきますので、徐々に葬儀の話に集中することができるようになります。

故人の通夜までの安置をするためにも枕飾りを行って、僧侶に一旦来ていただき、読経を聞かせてもらう段階まできました。

僧侶は、決めました寺に連絡をして速やかに来ていただき、読経を行ってもらいます。

この段階でも、故人の通夜について、具体的なお話ができます。

僧侶に読経をしてもらうことで、故人の冥福を祈ることになります。

通夜の前までに、遺影写真を決めてから遺影をつくってもらうことになります。

通夜の本格的な打ち合わせが始まる前に写真を決めてまずは葬儀社と、通夜と葬儀の日程を決めていきます。

日程が決まりましたら、すぐに親族や知人、会社関係への連絡を日程についてまでしっかりと報告をしなければいけません。