告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び5

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び5

故人をやっとのことで自宅まで搬送できました。

搬送するだけでも、相当大変なことです。

この故人の搬送を病院でするときには、一緒に故人の死亡診断書を病院で書いてもらっていると思います。

死亡届を1週間以内に市役所の方に提出して、その時に病院でもらった死亡診断書が必要になってきます。

医師の死亡診断書があって、始めて死亡届が受け付けられます。

万が一、死亡原因がわからないとか、交通事故で支部したような場合は、医師による死亡診断書が遅くなることがありません。

原因不明の表紙などの場合は司法解剖をしないといけないケースも出てきます。

このように故人の自宅絵の搬送をするまでには、いろいろなことを行わなければいけません。

死亡届は1週間以内ということで、葬儀が終わってからちょっと落ち着いてから行くことができます。

さらに注意をしなければいけないのが、死亡届を提出した場合、故人の資産はすべて凍結されます。

死亡届を出す前に、葬儀などのとりあえず必要なお金は引き出しておかないと、大変なことになります。

故人を自宅に搬送して、ちょっと落ち着いた時に、葬儀社の担当彩との打ち合わせが始まります。

すぐ通夜の話をしなければ、故人の葬儀に間に合わなくなります。

早ければ、当日の夜には通夜をすることになります。