告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び3

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び3

葬儀以外でもいろいろなことが待ち受けているのが遺族への試練となりますが、自宅への搬送が決まったら、搬送車で個人を自宅へと運んでもらいます。

ただ、家族の車で自宅まで搬送しても何の問題もありませんが、葬儀社の搬送者の方が安定性があり、故人も喜ぶのではないでしょうか。

自宅に運送すると気にも問題があります。

自宅が高台に有り、階段が急で個人を運び込むことができないような場合があります。

実勢に連れて帰ってみなければわからないこともありますので、まずは自宅にいって、個人を運び込むことが出来るかどうかが大切になります。

階段が急すぎて、自宅の仲間で運び込めない場合は、できる限り運んでもらえるようにしてもらわなければいけません。

故人もそれを望んでいると思いますので、すぐ諦めることなく、葬儀社の人にお願いするしかありません。

ほかにも、いろいろな場所の事情で運び込めない場合があると思います。

そんな場合は、自宅への運び込みを諦めてから、葬儀社が安置してくれる場所へと移動するしか方法はありません。

やっとのことで自宅まで搬送できました。

自宅へ搬送した時からすでに葬儀の準備は始まっています。

ここで、正式に、葬儀社の担当の方との打ち合わせをすることになります。