告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び2

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び2

病院で脂肪をした場合は、すぐに医師による死亡確認がされて始めて、死亡診断書というものが書かれます。

同時に、故人を自宅に連れて帰る準備をしなければいけません。

自宅に連れて帰るには、間違いなく霊柩車がなければ、連れて帰れません。

最初に故人を連れて帰るためには、葬儀社を決めなければいけません。

事前に葬儀社に予約を入れていれば良いのですが、急な死亡の場合は、当然そんな準備は行っていません。

そこで、死亡後始めて葬儀社選びに入ります。

この段階でモタモタしていると、病院にも迷惑をかけてしまいますので、いざという時のために、葬儀社が決まっているのであれば、すぐに連絡を取り、故人を迎えに来てもらわなければいけません。

葬儀社に病院に来てもらいましたら、自宅まで故人を連れて帰ります。

病院の手続きは、その時にお金以外の面ではできると思います。

お金の精算は、すでに銀行などに行っている暇がない場合は、後日改めて精算をすることになります。

病院の手続きに、葬儀社決めなどを終わって、故人を連れて帰れるようになったとしても、法的な手続きや銀行からのお金の出金などやるべき作業が山のようにあります。

遺影のことなど全く考えていないと思います。