告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び1

告別式や通夜以外でも色々とやるべきことと遺影写真選び1

通常、人が亡くなった時に行われるものとしては、通夜や葬儀が最初に思い浮かびます。

これは、一般参加者からすると間違いではありませんが、遺族から見た故人の葬儀というのは、亡くなった時からすでに葬儀は始まっています。

その代表的なこととして、病院で休止した場合、病室はできるだけ速やかに明け渡さなければいけません。

その中で、喪主となる故人と一番親密な関係の人は悲しみに暮れて、なかなか葬儀のことまで、なくなってすぐは頭が回らないと思います。

ある程度死を覚悟していた場合でも、精神的な落胆は計り知れないものがあります。

その中で、ほんとうに休止した場合は、喪主となる人はただ、呆然とするのではないでしょうか。

しかし、すでに葬儀の準備を死後すぐに始めなければいけません。

喪主以外で家族がしっかりとして、葬儀の手続きをできる人が付いていなければ、なかなか先へは勧めにと思います。

喪主に変わる進行役となる人物がまずは必要です。

死直後に、葬儀どころか遺影写真をどうするかなども、考えられない精神状態になっています。

葬儀のことを考える前に、故人を自宅に運ぶ手続きや死亡届け、葬など出さなければいけません。

儀用のお金を故人の口座より引き出さなければいけません。