年末年始の葬儀と遺影写真はどうする1

年末年始の葬儀と遺影写真はどうする1

訃報というのはいつ起こるかわかりません。

年末年始でも容赦なくおとずれます。

年末年始に親しい親族がなくなった場合、葬儀は出来るのでしょうか。

葬儀だけではなく、火葬場は営業しているのでしょうか。

年末年始ならではの問題が出てきます。

不法を親族や友人に連絡をするのも、年末年始だと、なかなか連絡が取れないのではないでしょうか。

年末年始ならではの問題が、いっぱい出てくると思います
しかし、このような場合は、どう対処したらいいのでしょうか。

葬儀社に関しては、年末年始も基本的に対応できるようになっています。

通常通り葬儀社に連絡をして、葬儀を依頼することは可能です。

ただ、参列者が年末年始の間は忙しいか、旅行や里帰りをしているところがほとんどで、なかなか連絡がつきにくいということもありますが、実際のところ、仕事関係や知人などを、年末年始の時期に訃報を伝えて、折角の休みを台無しにするのは心もとないし、故人もそれを望んでいないと思います。

年末年始の場合は、基本的に少人数で行う家族葬がほとんどで、故人の親族だけで行うケースが多いようです。

遺影写真に関しては、写真店などは休みに入っていると思いますので、葬儀社に依頼するか、自分で編集するかのどちらかになると思います。