年末年始の葬儀と遺影写真はどうする4

年末年始の葬儀と遺影写真はどうする4

年末年始の葬儀ですが、親しい家族が年末年始に死ぬことは考えられないものですが、死は待ってくれません。

時期を選ばずに急に訪れてきます。

そんな中いつ葬儀をするのがいいのでしょうか。

お金の問題もあり、年末年始は銀行も使えないところがほとんどで、3日まではどこの銀行でも引き出すことができません。

年末年始に葬儀を行うとした場合、1月4日以降に行われるのが普通となっています。

では、年末はいつまでだったら葬儀が出来るのでしょうか。

年末は通常葬儀自体を行えるのが、29日までと思われます。

29日までですと、葬儀に必要なお金も引き出すことができます。

葬儀社は年中営業のところが多いですが、実際に葬儀を行うとなると、年末は29日までで、年始は1月4日からが一番理想となります。

30日から3日までは基本的には、葬儀を行わない方がいいと思います。

正月料金というようなこともありませんので、高くなることもありません。

通夜や告別式も通常と変わらなく行われます。

住職の予定などもあり、なかなかむつかしいところがあります。

住職の予定さえあえば、正月に通夜と告別式を行うこともできます。

あとは、お金の問題がクリアできれば、正月に通夜や告別式を行っても問題はないと思います。

当然遺影写真の編集は葬儀社にお願いすることになると思います。