故人となって葬儀編流れと遺影写真の扱い1

故人となって葬儀編流れと遺影写真の扱い1

親しい人が亡くなり個人となってから、通夜や葬儀に参列するときが人生の中でも必ず出てきます。

その時になって困らにようにするために、葬儀の基本的なことを知っておきましょう。

親しい知人が亡くなった訃報を聞きます。

それから仮通夜があり、本通夜があります。

親しい友人などの場合は、通夜から参列して告別式まで参列することが多くあります。

通夜や告別式は、友引や連絡が取れにくい場合などは、スケジュールを先に伸ばす場合が多々あります。

不法を受けると、親しい方は、お手伝いにまずは行くことになります。

その時には、喪服は着ないで黒っぽい動きやすい洋服を着ていくようにしないといけません。

訪問をした時には、最初は遺族にお悔やみを行ってからなにかお手伝いができることがないかなどを訪ねて、遺族のお手伝いしましょう。

仮通夜がある場合は、お手伝いを優先して、通夜の時に故人とのお別れを言うようにします。

通夜のときがきた場合は、受付などのお手伝いがあれば、役に立つようにして、その後やっと故人と故人の遺影写真をみて始めて焼香を行います。

お通夜は夕刻に始まりますので、お通夜の時には、できれば喪服に着替えてから出直してくるのがいいと思います。