故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い4

故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い4

親しい友人や親戚の場合は、故人の訃報を聞いてから、葬儀の準備が行われている時に、出向いてお手伝いを申し出ることも必要です。

遺族自体は、葬儀の打ち合わせなどで忙しいため、家の台所の片付けやその他の雑用を引き受けるつもりで訪問をする必要があります。

その為、汚れてもいいようにエプロンを持参して、お手伝いの準備をしておく必要があります。

あとは、親族や子供たちからの供花を送りたい時は、喪主に確認を取ってから贈るようにしてください。

供花の飾る個数などもあると思いますで、贈る前にまずは遺族に相談をしてください。

たくさん、供花が送られてきそうな場合は、供花よりも香典として現金で渡したほうが遺族の為になる場合もあります。

その点は、遺族としっかりと相談してから決めるようにしてください。

故人の近くに住んでいる場合は、直ぐに駆けつけることができますが、遠方から駆けつける場合は、通夜自体に間に合うかどうかもわからないため、早急に遺族と連絡を取り、いつごろまでに行けばいいかの確認を取るようにします。

そうしないと、いつ来るのかも遺族がわからないで困ることになります。

まずは、連絡を取ることが大切です。

通夜に間に合いそうな場合は、葬儀場で泊まれるかどうかをしっかりと確認してください。

泊まれない場合は、ホテルを予約する必要があります。