故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い2

故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い2

訃報を聞いて駆けつける時というのは、まだなにも準備ができていない時なので、遺影写真などはなく、故人の遺体があるのみとなります。

遺族の方に故人との対面を希望された場合のみ、故人のお顔をみて焼香を行なうようにしてください。

死化粧もまだ終わっていないような状態の場合は、遺族が対面を喜ばない場合がありますので、故人との対面はあくまでも、遺族に勧められた時のみ行うようにしてください。

あくまでも、残された遺族を励ますための訪問となりますので、無理に故人との対面をせがむようなことをしてはいけません。

あくまでも遺族を最優先して、遺族の許可がでて始めて、個人との対面を行ってください。

そうしないと、いくら故人と対面したくても、遺族が好んでいなかったら、迷惑以外何者でもありません。

遺族を最優先で行動をするようにしてください。

不法を聞いて最初に遺族にお悔やみを言いに行くときは、決して喪服などでは出かけないようにしてください。

故人がなくなる前から、準備していたのではないかと思われてもいけません。

あくまでも、訃報を聞いて、駆けつけたということが大事で服装ではありません。

できるだけ目立たない服装で行くのが常識となっています。