故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い1

故人となって関係で変わる参列と遺影写真の扱い1

訃報を聞いても、故人との関係で対応が全く変わってきます。

実際に、どのような人がどのような対応をするべきかを知っておいたほうがいいと思います。

同じ遺族の場合でも、夫の親族からの訃報を妻が受けた場合は、どのような対応をする必要があるのでしょうか。

身内になりますので、訃報を聞いたら、なるべく早く駆けつけるようにしてください。

上司や恩師の訃報を聞いた場合は、伺っても大丈夫な時間帯を聞いてから伺うようにしてください。

親族でも無いのですが、親しい間柄の人がなくなったわけですから、できるだけ遺族の都合がいい時間で早くお伺いできればと考えます。

通夜では、遺族をねぎらうわけで行くのですから、ジーンズなどは避けてください。

出来るだけ黒や紺などを着用して、伺っても良い時間帯に行くようにしてください。

夏場の場合は、肌をなるべく晒さないようにして、上着を来て出かけるようにしてください。

派手な衣服や肌を露出するのはよくありません。

できるだけ地味な格好をしてから伺うようにしてください。

靴や靴下も、黒を付けてから行くようにしてください。

派手な色の靴下や、スニーカーなどでは行かないようにしてください。

親しい人の不法を聞いたときに駆けつけるときの最低限のマナーとなります。

そのお気には、まだ遺影も出来上がっていないと思いますので、故人を直接みて焼香をするようにしてください。