法事と法要の違いと遺影の取り扱いについて

法事と法要の違いと遺影の取り扱いについて

法事と法要というのは同じものと思っていませんか。

最近は、同じものとして言われている人が多いとおもいます。

確かに似てはいますが、実際のところは全く違うものとなっています。

法事とは法要と後席の食事などを含めたものうべ手のことをいいます。

法要とは僧侶にお経を上げてもらうことになります。

法事というものは、仏事といい仏教行事一般のことになります。

葬儀などの年回法要などで、故人を縁とした行事や仏前結婚式や除夜界、元旦会などの全ての行事のことをいいます。

今回のような年忌法要は僧侶による読経法要や、その後に行うお斎も含めて法事といいます。

法要というのは、法事と勘違いされていますが、意味合いが全然違っていて、仏教で、お釈迦様の教えの仏法を知るという意味合いがあります。

法事で行われる行事の僧侶による読経のみを法用途いいます。

供養をするという意味合いがありまして、法事とほうようは全く違う意味となります。

宗教によっては、追善供養という形で行う宗教の場合は、個人に対しての読経を行いますので、供養という意味合いが強く、法用と言われています。

法事ときも法要の時も、同じように休養をしますので、遺影写真を飾って故人を供養するという意味では一緒です。