法事の時に準備するものと、遺影写真の扱い1

法事の時に準備するものと、遺影写真の扱い1

法事や葬儀の時に行う香典というのはどういうことでしょうか。

葬儀や法事に参列するとき、香典を包みますが、必要なのでしょうか。

それとも、とても大切なものなのでしょうか。

香典というものは、そもそも故人に対する供養をする気持ちを包むもので、線香やお花の代わりに出すものです。

法事の時の香典を持参して参加するものです。

ただ、法事は年を経るごとに、参加する人は遺族中心になっていきます。

遺族以外では、故人が生前に親しく付き合っていた人が参加するくらいで、遺族中心は変わりません。

法事の時の香典には決まり事がありますので、その点は注意をしなければいけません。

香典を包んで焼香をするときには、故人の代わりに、位牌と遺影写真に向けて供養を行うようになります。

仏教徒以外のキリスト教や神道の場合は、仏教の香典と似たようなものがありますので、表書きをまちがえないようにしなければいけません。

そもそも、生花や線香をお供えしていたものですが、最近では、代わりに現金をだして残された遺族に使ってもらうようになっています。

その渡す現金を香典と言うようになっています。

香典とう形で供養をするようになっています。

香典が遺影写真代として使われることになるかもしれません。