法事の時に準備するものと、遺影写真の扱い4

法事の時に準備するものと、遺影写真の扱い4

香典を4人以上で入れて渡す場合の、熨斗袋の名前の欄には、全ての名前を書くのではなく、グループ名を表の名前の欄に書いて、別紙に全員のなまえを書いてから、のし袋の中に入れてから出します。

何かには、代表者の住所を書くようにしてください。

香典が町内会など事務的に行う香典の場合は、香典返しを必要としないため、香典返しは「香典返しは無用となりますの、気になされないようにしてください」ということになります。

4人以上の連盟で香典を入れる場合は、うち袋にグループ全員の名前と金額をいれていくようにしてください。

あとは故人の勤めていた会社などの場合は、普通は代表者名や会社名で入れるようにします。

会社として香典を出すことはありませんので、香典返しなども必要ありません。

あとは、会社や団体等の名前を書くようにしてください。

その時に、香典返しの必要性はありませんので、代表者の名前と住所を入れておきましょう。

同じ法事の中でも、一番複数人分の、名前をうち袋に入れる髪に全員分の名前や住所に金額を書いてから入れるように

法事の時には、故人を供養するために香典を包みますので位牌と遺影写真を見てから供養することになります。