法要一周忌と遺影写真の扱い方

法要一周忌と遺影写真の扱い方

葬儀が終わり、法要を行いますが、その中でも重要な法要として、1周忌法要があります。

一周忌法要とは、故人がなくなった日から1年が立った時に行う法要です。

1周忌では、家族や親族以外で、仲のよかった知人や友人たちも呼んでさんえ吊るしてもらい、焼香を行ってもらいます。

場所としては、葬儀場で行ったり自宅で行ったりと各自でやりやすい場所を法要を行います。

1周忌では僧侶による獨協と商工があります。

僧侶を呼んで読経を行ってもらいます。

自宅で行う場合は、司会は喪主または遺族の誰かが行うことになります。

僧侶が来てから、1周期の開会の合図を行います。

僧侶による読経が終わり、参列者全員の商工が終わると、1周忌のほうようは終了となります。

最後に喪主の挨拶がありそれから会食になります。

できる限り参列者全員に会食まで付き合ってもらうようにしてください。

挨拶も終わり、会食に入りますが、会食が終わって僧侶がか居られるときにお礼として、お布施を渡すのが一般的となっています。

その場合、僧侶が会食を辞退される場合は、お車代と一緒にお封セを渡して帰っていただきます。

お盆に乗せて、文字の正面を僧侶に向けて渡すのが一般的です。

商工の時は遺影写真をきれいに吹いて飾っておきます。