法要当日のマナーと遺影写真の扱い2

法要当日のマナーと遺影写真の扱い2

法要のあとに、納骨を行うときもあります。

その場合は、僧侶に立ち会ってもらい、法要後に納骨を行うことになります。

法要を行う場所で若干違うところがありますので法要を自宅で行う場合についてちょっと補足しておきます。

自宅で法要を行う場合は、ある程度の人数が入る広さがないといけません。

自宅で法要を行う場合は、準備は自分で全部行わなければいけません。

自宅で法要をするときには、仏壇をきれいにしたり新しい花を飾ったり仏壇の前には昇降台を設置して準備をしておかなければいけません。

法要が無事に終わりました場合は、会食の場所も自宅ということで、自宅での会食の準備をしなければいけません。

自宅の場合は、会食のときには会席料理を用意するか、寿司などをいくつか用意してみんなで食べるようにするかのせんたくになるとおもいます。

1周忌や3回忌では会席料理を用意するケースが負いのですが、最近ではすしなどの軽食を準備して、会話重視にすることになります。

仕出しをお願いするときには、葬儀の時にお世話になった葬儀社に聞いて、仕出し料理を配達してくれるところを教えてもらうと楽です。

自宅で行う場合は、法要に使う費用を抑えることができます。

故人を思うのであれば、豪華にするだけではなく、参列者が仲良く供養をすることができることが大切です。