葬儀にかかる費用の平均と遺影費用

葬儀にかかる費用の平均と遺影費用

愛する人が亡くなった時には、葬儀を行わなければいけません。

葬儀の時にかかる費用というのはどのくらいかかるのでしょうか。

平均を出すことは直ぐにできますが、実際に地域ごとで全く違ってきますのでその点を考えるといくらかかるのが正解でしょうか。

葬儀に掛かる費用の平均は、約200万円ということですが、サンプルとして数百人程度しか参考にしていません。

実際には100万人近い人の葬儀が毎年行われていますので、全部の平均を出してみないと本当の費用の平均は出てこないと思います。

この中で実際の葬儀自体にかかる費用とそれ以外にかかる費用だけで見てみると、半分の100万円近くは葬儀以外の費用です。

そもそも全国平均を気にするよりは、実際に葬儀費用を葬儀者の方に見積もってもらった時の金額が、実際にかかる費用になりますので、見積もりを見て費用計算をして予算と合うものなのかを見極めなければいけないと思います。

金額が高くなったとしても、葬儀に来る参列者の香典の金額で、全国平均より多い費用であっても十分に払えるケースもありますし、全国平均よりも少なくても払えないケースがあります。

葬儀全体の費用を考えると、遺影の制作費などは安いものです。

気にするほどの金額ではない、ということがわかります。