葬儀の時の喪主の挨拶と遺影への接し方1

葬儀の時の喪主の挨拶と遺影への接し方1

故人との最後の別れとなる通夜や葬儀・告別式を行うことになりますが、その時に喪主の挨拶が必ず行われます。

その時の喪主の心情を考えると、挨拶をしてもいいのだろうかと思うことが多々あります。

喪主は通夜の時と告別式の時の両方でする場合がほとんどです。

その時に、挨拶ができる状況なのかシンパしながら見る機会が多いです。

喪主の挨拶で、しっかりとするのは女性が喪主の場合で、男性が喪主の場合は言葉になっていない時が多いです。

男性の場合は、配偶者をなくしたときに脆いものです。

喪主の挨拶の時には、悲しみでなにを言っているのかわからないくらいに取り乱す人がいます。

その点配偶者をなくした女性の場合は、涙は流しますが挨拶自体は平常心でしっかりとした話をする人がいます。

通夜の時と葬儀・告別式の時には必ず喪主による参列者に向けての挨拶があります。

故人に変わって、参列者に対してお礼を述べることになります。

話す内容は、自分で考えて話をするのは良いのですが、なにを話したらいいのかわからないような場合は、葬儀社の方で雛形を用意してくれますので、名前の部分を故人に書き換えて使えば使えるようになっていますので、葬儀社が用意した挨拶文を利用するのもいいのではないでしょうか。