葬儀の時の親族の挨拶と遺影への接し方2

葬儀の時の親族の挨拶と遺影への接し方2

故人の喪主がまだ子供の場合などは、喪主の挨拶はできないと思いますので、その場合は親族の大人が代わりに挨拶をすることになります。

喪主の代理として挨拶をしますので、喪主がする挨拶を行うことになります。

通夜の時も挨拶を行いますが、告別式の時にされる挨拶が故人と一般参列者との最後の挨拶となります。

喪主の代わりに親族代表として、恥ずかしくないような挨拶をしなければいけません。

告別式の時に行われる挨拶は、出棺の時に行うのが一般的で、一般参列者に向けてお礼の言葉をまずは言ってから、その後は故人の死因や死去の時の様子などをまたお話します。

生前のエピソードなども合わせて話して、参列者に最後の挨拶を行います。

参列者の人たちは、告別式に出席してくれて疲れているので話はできるだけ完結に行なうようにしてください。

出棺時に玄関先などで参列者には立ってから挨拶をしていますので、なるべく負担にならないようにお礼と、故人との楽しかった思い出を話すようにしてください。

故人の代わりに話をするのですから、参列者の人たちは、個人と何らかの関係を持っていますので苦痛を感じさせない程度の短い挨拶がいいと思います。

できれば葬儀社から頂いている例文ではなく、自分で考えた言葉で話をする方が参列者の心をつかみます。