葬儀を出すときに注意するべきところと遺影写真の扱い2

葬儀を出すときに注意するべきところと遺影写真の扱い2

葬儀の時に、最初に遺影写真を選んでから遺影を作りますが、ここでどの写真にするかなどと迷うことはあります。

これはある程度わかっていることですので、解決できる問題です。

解決できない問題としては、ご遺体を入れておくための棺桶ですが、その棺桶のサイズが最近の日本人の体型では入らないくらい大きな棺桶が必要になります。

そもそも棺桶のサイズは、故人の身長に合わせたものを選んで用意をするものですが、故人の身長が高すぎてあった棺桶を用意することができないという話をよく耳にします。

このような場合は、仏様の脚を曲げて棺桶に入れるようです。

そうするしか仕方がないことですが、なんとなく故人に悪い気がして仕方がありません。

遺族が大事な遺体の脚を、無理やり曲げられて棺桶に入れられるというのは悲しいことです。

葬儀社の方もサイズがないので仕方がないとは思いながらも、遺族には申し訳ない気持ちでいっぱいだと思います。

焼香のときに遺影写真を見て、謝りながら焼香をするということになります。

海外では、棺桶と遺体のサイズが合わない場合は、遺体の脚を切断して棺桶に入れることをする場合もあるということです。

最近の若者は身長が高くなっているので、棺桶のサイズの方をもう少し考え直す必要があるのではないでしょうか。