葬儀を出すときに注意するべきところと遺影写真の扱い1

葬儀を出すときに注意するべきところと遺影写真の扱い1

葬儀を行うときに実際にいろいろな失敗談というものがあります。

いろいろな失敗があります。

参列する立場からすると、「急な話で喪服を準備する暇がない」、「いそいで香典を入れようとして中身を入れ忘れて香典を出してしまった」など参列者からしたらだれでもありえそうなことです。

特に多かったのが、自宅での葬儀を行うことになって読経の間は正座しなければいけない時などに、いざ焼香の番が回ってきた時に、足がしびれてしまって立ち上がれないということがありました。

後ほかには、数珠を持っていくのを忘れてしまって、知り合いに借りて焼香をしたということもよくあります。

ただ、遺影写真に向かってお辞儀をするのを忘れて焼香をするといったこともよくあります。

遺体の安置をするときに使うドライアイスですが、あまり使いすぎてしまうとどうしても二酸化炭素が発生してしまい、蝋燭が消えてしまったりして大変なことになります。

あとは二酸化炭素が貯まるため、窓を開けたりして空気の入れ替えを行いますが、夏場であれば、虫などがたくさん部屋に入ってきたりします。

ここまでは、気をつけていればある程度免れることができて、遺影を見ながらしっかりと商工をして無事に葬儀を終わらせることができます。