葬儀社選びはどうしたらいいのか、その時の遺影写真はどうなる5

葬儀社選びはどうしたらいいのか、その時の遺影写真はどうなる5

葬儀までの大きな費用というのは、葬儀費用・飲食代・寺院費用の3つですが、それ以外でも、色々と出費があります。

葬儀後にも、色々と費用が発生します。

仏式の場合は、葬儀後にはいろいろな法要がありますのでまた.お金が必要になってきます。

葬儀の時のような大金は必要ありませんが、各法要で僧侶へのお布施も必要になりますし、何よりも最初の仏様になる場合は、仏壇を買わなければいけません。

仏壇は、色々とありまして、20ま万円程度のものから数百万円以上する高級の仏壇もあります。

高級な仏壇を選んでいてはきりがありませんが、それなりの仏壇を購入することになるかもしれません。

葬儀後に必要な法要について、ちょっとお話します。

初七日(葬儀の時に一緒に終わらせることが多いです)・49日・初回忌・3回忌・7回忌。13回忌。17回忌・23回忌・27回忌・33回忌・50回忌と全部行っているとお金がいくらあっても足りません。

初回忌・3回忌だけは、皆さん行っている人がほとんどですが、その時に必要な経費としては、僧侶へのお布施、会食費などが必要になりますので、10万円前後毎回必要になります。

香典でいくらか補うことができますので、その時にはある程度賄えると思います。

それでも、親族だけで行う場合であれば、そこまでの収入は期待できません。

法要の時の費用は、全て自分で手出しをするつもりでなければいけません。