葬儀社選びはどうしたらいいのか、その時の遺影写真はどうなる3

葬儀社選びはどうしたらいいのか、その時の遺影写真はどうなる3

最近では、家族葬と言って少人数の葬儀を行う葬儀社もありますが、少人数だからといって出費が少なくて済むというわけでもありません。

その理由としては、葬儀社で用意する祭壇の大きさなどは、大きな葬儀社でも家族葬でもそう大差ない場合があります。

それ以外の食事や僧侶に支払うお布施なども、葬儀社が大きかろうと小さかろうと出費は大差ないと思います。

それであれば、できるだけ多くの人に来ていただいて、香典を頂戴して、その香典で葬儀社が全部貰えるのであれば、大きな葬儀社でもいいのではないでしょうか。

葬儀の時に、たくさん.の人が来てもらえそうな場合は無理に家族葬にするのではなく、大きな葬儀社で通夜や告別式を行ってもらい、多くの香典を頂いてから、その中からできるだけおおくの葬儀の費用を賄ってから葬儀をする方が賢いと思います。

収容人数が多いということは、香典の総額も上がってくることになります。

香典の料金が上がれば、間違いなく葬儀が行われていきます。

葬儀中に人数不足で入りきれないということにならないようにしてください。

出費はあまり変わらないと思いますが、人数制限がある場合は、どうしても参列できないひとたちへの不満が残るばかりです。