親しい家族がなくなってあら遺族が決めなければいけないことと遺影写真について1

親しい家族がなくなってあら遺族が決めなければいけないことと遺影写真について1

親しい家族の誰かがなくなった場合には、どうしたらいいのでしょうか。

家族がなくなった場合に、葬儀社を決めるのが一般的になっていますが、葬儀社を決めてしまえば全てお任せでいいというわけではありません。

あくまでも葬儀社は補佐をしてくれるだけであり、残された家族が主役で、特に喪主となる人が全ての決断をしなければいけません。

故人の葬儀のことやそれ以降の法要のことなどさまざまなことに詳しく、わからないことを聞けば全て教えてもらえます。

しかし、葬儀社に言われるがままでいいわけではありません。

要望があれば、しっかりと葬儀社に伝えて行かなければいけません。

最初に打ち合わせをするときに、故人の今後の全体的なスケジュールを決めていきます。

葬儀の時のスケジュールとなりますので、遺影写真の作成から、告別式から火葬にいたり、初七日の法要に始まり49日の忌明けまでの流れを決めていくことになります。

スケジュールは、あくまでも遺族たちの都合も各家庭に違いますので、日にちを決めるときに、不都合がないような日にちを決めていかなければいけません。

あとはその都合に合わせたスケジュールで僧侶や火葬場の都合とマッチすればそのスケジュールで進んでいきます。

僧侶や火葬場の都合が合わなければ、また調整をしなければいけなくなります。