親しい家族がなくなってから遺族が決めなければいけないことと遺影写真について3

親しい家族がなくなってから遺族が決めなければいけないことと遺影写真について3

故人の死亡を確定させて、その後、親族や知人など全員に訃報を通達しなければいけません。

脂肪を確認して、死亡届けを提出するには、医師の死亡診断書を提出しなければ、死亡届を出す事ができません。

病院などで治療を受けていれば、すぐに死亡診断書を書いてもらえますが、表紙ではなく、交通事故などで死亡した場合には、すぐに死亡診断書を書いてもらえない場合があります。

脂肪の原因がはっきりしていない場合は、司法解剖などをして死亡原因を突き止めてからの、死亡診断書の作成になる場合もあります。

死亡原因がはっきりしていないような場合は、警察医が死亡診断書を書く事もあります。

死亡診断書が書けるようになると、訃報を遺族や知人に知らせることになります。

ここからが、喪主の忙しい時間帯となります。

最近では、故人の生前のお願いで、エンディングノートなどを書いていて、死亡した時には親しかった人への訃報を伝えなければいけない場合もあります。

故人の意思で知人絵の通達を希望されている場合は、必ず、お知らせするようにしてください。

これが、故人の最後の頼みでもありません。

故人の願いは、少しでも早く埋葬してもらいたいということがあります。

スケジュールを決めるのと同時に家愛写真を決めないといけません。

争議と写真の依頼は並行して行わないと進みません。