通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫3

通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫3

通夜の時の服装は十分に注意が必要です。

切る服には気を使いますが、装飾品まで気が回らないので本当のところでしょう。

女性の場合は特にネックレスや指輪をして通夜に参列する人がいますが、通夜や告別式に参列するときは、ネックレスや指輪はしないほうがいいとおもいます。

通夜のときにパールのネックレスをしてから参列する場合は、ネックレスを二重にしないようにしてください。

二重にすると、不幸が重なるという意味がありますので、パールに限らず、ネックレスは二重にしないようにしてください。

ハンカチを持っていくことがありますが、その場合は黒か白を持っていくようにしてください。

喪服を着る場合、冬場は寒いので問題はありませんが、夏場の暑い時にスーツを着ると暑さで耐えられなくなります。

夏場の通夜や告別式の場合は、よく上着を脱いでいる人を見かけますが、式場に到着すると、出来るだけ上着は脱がないようにしてください。

式の最中は、絶対に上着は脱がないようにしてください。

シャツですが、夏場の暑い時には半袖の白いシャツをきても大丈夫です。

遺影や個人に焼香をすると気には、なるべく汗は拭いてから行うようにしてください。

オールシーズン用の喪服や夏用の薄地の喪服もありますので、そちらで対応するようにしましょう。