通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫1

通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫1

親族がなくなってから通夜と告別式をまずは行います。

その時に親族友人や知人が参列しますが、通夜と告別式では服装が若干違います。

親族の場合は、通夜でも告別式でも、フォーマルな黒の喪服を来てから参列するものですが、親族でも遠方から来るような場合は、フォーマルでなくて、黒いスーツや黒い服で通夜に参列する場合もあります。

これは、突然の訃報を聞いて駆けつけてきますので、喪服を準備できない場合もでてきます、

とりあえず通夜に間に合うことが大切で、服装は喪服でなければいけないということではありません。

近所の人や知人が通夜に参列する場合も、通夜の時は喪服をすぐに切ることができれば喪服が一番いいのですが、急な出来事で、告別式には喪服が間に合いますが通夜までには間にいそうにない場合や、通夜のときになにかお手伝いをするような場合は、喪服ではなく、黒い服を来てから参列することがよくあります。

それでも男性の場合は、黒のスーツに黒ネクタイはしないといけません。

靴は、黒の靴を履くようにしてください。

これだけは、通夜の時でも、気をつけなければいけません。

子供が参列する場合は、できるだけ黒の服を着るようにして、ない場合は、グレーなどのk.じみな服装で参列してください。

そもそも、通夜では故人との最後の一夜を過ごすのであり、遺影写真を見ながら思い出を話すことが大事です。