通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫2

通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫2

通夜の時の服装で洋服屋ネクタイなどには気を使いますが、ベルトなどほかの装飾品に関しては気にしないで、あるもので参列スル人をたまに見かけますが、どうなのでしょうか。

細かなことですが、靴下屋ストッキングにも気を使いましょう。

男性の場合は、靴下になりますが、黒が基本ですが、同じ黒でも個タクのある黒は通夜や葬式では履いてはいけません。

女性の場合でも、黒いストッキングを履くのが基本で、光沢のある黒のストッキングは履いてはいけません。

靴でも黒を履いているからといって安心はできません。

同じ黒でも、ハイヒールや絵柄が入っているようなものは履かないようにして、なるべくローヒールのものを着用するようにしてください。

ベルトも注意が必要となります。

黒のベルトが基本ですが、同じ黒でも爬虫類など、アニマル柄のものはNGです。

光沢のないシンプルな黒のベルトをするようにしてください。

仏式の葬儀では絶対の数珠は忘れないようにしてください。

数珠は必需品ですので、忘れると大変な子音になります。

コンビニなどで販売されているところがありますので、忘れた場合は買ってから参列するようにしてください。

通夜の時には、始まる前に行った場合は、遺族に軽く挨拶をして故人との対面をしてもらいたいと言われた場合は、故人を見て遺影に対してお祈りをするようにしてください。